医局費がいくらだったのか|大学医局の裏側

医局費
※本サイトにはプロモーションを含みます

大学の医局に所属していると、

「医局費」なる謎のマネーを徴収されます。

てぃむ

大学はただでさえ
薄給、ひどい場合は無給
な上に、医局費を徴収されます。

「やってらんないゼ」

ってドクターも多いかと思います。(口調気になる)

てぃむ

「大学に所属する」ということは経済的に余裕のある生活は望めません。

実体験なんで間違いないです。

今回は医局費について、

元大学病院勤務医 = 医局員 &

ハイパーメディアクリエイター

としての体験を基に、

その金額使い道などについて、

つまびらかにしちゃおうのコーナーを開催いたします。

本記事が、

医局費ってこんな払わないといけないの?
他の大学はどうなの?

ってなってるドクターの参考になって、

「参考になったからお礼にこいつにプライベートジェットでも買ってやって、かつ、ファビュラスでグラマラスな女性をアテンドしてやろう」

ってなってもらえたら本望でありんす。(んなわけないし時代に逆行してるよ)

目次

医局費がいくらだったのか

医局日の金額

まず、気になる医局費の金額ですが、

僕の所属していた医局の場合、ずばり以下の通りでした。ババン。

身分月額
大学院生2千円
ポスドク5千円
助教以上1万円
てぃむ

ご覧の通り、身分によって金額は違いました。

大学所属医師は基本的に薄給(時に無給)で、

アルバイトで何とか生計を立てていることが多いですから、

そんな医師にとってこれは

アディショナルタイムで同点に追い付かれるくらい痛い出費

であることは間違いありません。

てぃむ

大学院生なんて、

入学金と学費で4年間で200万円以上支払い、

かつ病棟期間は(外勤以外は)フルで働いても、

大学からはわずかな給料(数万円/月)しかもらえない上に、

医局費まで徴収されるのですから、たまったものではありません。

鬼かよ。

またポスドク(=大学院卒業後)と言っても、

大学からは後期研修医に毛が生えた程度(しかも産毛レベル)の給与しか支給されませんし、

臨床や研究で忙しく、

バイトもガッツリはできない中で、

年間で税引後の6万円(∵月5千円)を持っていかれるわけですから、経済的には非常に苦しいです。

てぃむ

助教になれば多少は給与はアップしますが、

それでも同世代の市中で働く医師と比べれば、

その給与水準ははるかに低いです。

そのなかで年間で税引後の12万円(∵月1万円)を問答無用で持っていかれる、

しかも何の控除にもならない。

これは控えめに言って地獄です。

医局費の使い道

医局費の使い道

さて、徴収される医局費の金額がわかったところで、

皆々様が続いて気になるのは、

「秒速で1億円稼ぐ方法」

ではなく、

「集められた医局費が何に使われているのか?」

ということだと思います。

てぃむ

私は実際に医局費を管理する立場ではありませんでしたので、

正確なところまでは知り得ませんでしたが、

医局費は概ね医局の運営に必要な諸費用に使われていました。
(そりゃそうだろ)

具体的には、

・研究室の物品の購入費

・OBを招いて盛大に開催する忘年会の費用等

に使われていました。

てぃむ

備品の購入などはまだやむを得ないとしても、

僕の医局では忘年会は無駄に豪華なステージ付きのレストランで開催されていました。

こんな退屈で形式的なもののために医局費の一部が使われているのかと思うと、

年を忘れることなど到底できません。

むしろ、忘れたくても忘れられない年になったんですけど。

てぃむ

しかもしかも、

これは僕が大学院生の時の話ですが、

研究室用のコピー用紙は医局費で買えましたが、

ある時コピー機のトナーを交換する時があったのですが、

その費用はなんと各部屋にいる院生が自費で出さねばならなかったのです。

もぉ〜なんのための医局費なんだしん!ぷん!(怒り方キモかわいい)

おわりに:医局費の負担感は決して小さくない。

医局費の月額

本記事では、

気になる医局費の金額や使い道について、

僕の数奇な体験をもとに述べてきました。

なお、この僕の数奇な体験について、今後映画化される見通しは全く立っておりません。

ですので、記事にした次第です。

大学にいると、ただでさえ安月給なのに、

医局費まで徴収される。

てぃむ

大学医局は、経済的な部分を期待するのであれば絶対におすすめしません。

医局には、

お金と時間と自由は全て差し出します!

それでいいので研究がしたいです!

お願いです!安西先生!

って人が行くべきなんだと思います。

今大学にいて、色んな面でしんどい想いをしてるドクターや、

医局費なんてバカらしくて払ってらんない

というドクターは、

医局脱出を検討することをおすすめします。

てぃむ

大学を辞めた経験者として言いますと、

シャバの空気はめちゃめちゃうまいですよ。

「大学にいた時はなんであんなことしてたんだろ?」って感じです。

脱獄されたい先生が、医師の転職・バイトの求人を探すなら以下のサイト↓がおすすめです。

てぃむ

大学を辞めて生まれた有り余る時間で、求職者視点で使えるサイトを調べ倒し&実際に使った感想を書いています。

【医師のおすすめ転職サイト(常勤編)(上からおすすめ順)

てぃむ

常勤で求人を探す場合は、信頼できる少数のサイトに絞って(多くて3つくらい)探していくのがおすすめ。
たくさん登録しても全部見るのは正直大変なので。

Dr.転職なび

求人数含め総合力の高さはもちろん、Web面談や電話面談にも対応

常勤求人数14000件以上

医師一人に担当が2人付く

(専任エージェントは全員医療経営士保有)

というのも強み。

一般的な条件の各科の求人はもちろん、「週4可」「産業医」求人などもしっかり取り扱いあり。全国対応。

てぃむ

サイトの見やすさ、使いやすさも良い。

試しに「東京 一般内科」で検索かけると400件以上出てくるので求人数も申し分なし。

医師転職のエムスリーキャリア

業界最大級で求人数がとにかく多い

車でいうトヨタ的存在。

てぃむ

自分が転職した時(&バイト探す時)はまずm3を見てた。

エージェントの質、サイトの操作性含めマジで非の打ち所がない。

敢えてデメリットを挙げるとすると、皆このサイト見てるから人気の求人には速攻応募殺到する、くらい。

民間医局

「迷ったらここだけ見ておけ!」ってくらいおすすめ。

強みはシンプル。求人数と、エージェントの質(柔軟性提案力)。

てぃむ

転職サイトに求めるものって、極論ここだけですよね。
皆様ここは登録しているかな、と思ってこの位置にしていますが、まだの人は是非。

このサイトにしか出ていない求人もあるので、ここで求人探して損はないです。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア

ぶっちゃけそれほど取り扱い求人数は多くないが、自分のペースで働きたい人向けの求人など、ニッチな求人に強い印象。

非常勤求人にも対応。

求人の紹介ってだいたいメールで1-2回紹介してきて、いいところがなかったらその後はむこうからはあまり紹介してくれなくなる、みたいなパターンが多いが、ここは暇だからなのかは知らないが、(希望すれば)エージェントがめげずに気長に求人を紹介してくれる。

てぃむ

時間があまりない、探すの面倒くさい、みたいな人におすすめ。

【医師のおすすめアルバイト(非常勤・スポット)紹介サイト(上からおすすめ順)

てぃむ

バイトは常勤の場合と違って、「数撃ちゃ当たる」で、できる限り多くのサイトで求人を探すと自分に合う案件に出逢える確率が高まります。
一つのサイトにしか求人を出さない医療機関はたくさんあるので。

医師アルバイト探しなら業界最大級のエムスリーキャリア

非常勤、アルバイト探しも盤石の業界最大級。さすが車でいうトヨタ。

てぃむ

自分もバイト探す時はまずはここで探してます。

求人数、豊富さともにトップクラス。

これまでm3には散々お世話になったが、サイトの操作性(市町村まで細かく指定できるのマジでイケてる)、エージェントの質など特に非の打ち所がない。

敢えて言うならメジャーなサイトなので人気の求人には応募が殺到する、ってことぐらいか。早い者勝ち。

実体験としてエージェントが基本即レスしてくれるのも心地良い。

豊富な非常勤、スポット勤務情報『民間医局』

常勤求人同様、求人数・質もバランス良く、重宝する。自分も良く利用する。

てぃむ

バイトをしたい後期研修医の先生は医賠責をここから申し込むとお得。自分もそうしてます。

医師バイトドットコム

正直エムスリーと甲乙つけがたい。

求人数も負けていない。

てぃむ

実は自分も後期研修中のある時までこのサイト知らなかったんですが、初めて見つけた時「もっと早くこのサイトと出会いたかった…」ってなりました。

医師転職ドットコム』や『40代50代60代の医師転職ドットコム』ならびに情報サイト『医師転職研究所』と同じ運営母体。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア

常勤の方でも紹介したが、正直求人数はそれほど多くはないものの、このサイト経由でしか求人出さないクリニックもあるのでおいしい求人を逃したくないならおすすめ。

リクルートなので知名度的にも安心感あり。

てぃむ

自分で使ってみた感想としては、エージェントがマメで定期非常勤とか良い所見つかるまで(希望すれば)気長に付き合ってくれるので好印象。

Dr.アルなび

「1日10万円以上」「通勤30分以内」「ゆったり当直」求人などもあってアツい。

てぃむ

求人情報の更新も頻繁で早い。

常勤、バイト(非常勤・スポット)ともに以下のページでも詳しく解説してます。

  • URLをコピーしました!
目次