大学病院を医師がどんどん辞めている件【大学の実情】

大学病院での勤務が辛くて辞める医師

突然ですが、このご時世、

大学病院の人手不足が深刻です。

今回はそんな話を今なお大学に残る医師・看護師の知り合いから聞いたので、ここは稀代のゴシップボーイである私めとしては、シェアせざるを得ません。

本記事をお読みいただくと、

大学病院って今そんなことになってるんだ

なんだ結構辞めてる人いるんだ

というように参考にしていただけるんじゃないかと思います。

※もちろん、大学や科によっては本記事で記載したような状況じゃない、って所もあるとは思いますが、そこは悪しからず❤︎

目次

大学病院をどんどん医師が辞めている実情

大学病院で感染症診療にあたり、大学を辞めたくなる医師

未曾有の感染症が流行する昨今、大学を去る医師が増えています。

もちろん、医師だけでなく、看護師もどんどん大学を離れているようです。

昨今医師が大学を辞めている理由として、感染症関連の理由としては、大きくは以下の3つがあるようです。

①感染リスクが怖く、感染症診療をしたくない

大学病院で感染リスクを怖がる医師

一番多いのはこれです。

自らを感染リスクに曝しながら診療をしていくのが嫌、という医師・看護師は多いです。

てぃむ

医療従事者だって人間だもの

大学で感染症診療に携わるとなると、自分が感染するリスクだけでなく、同居する家族や接する友人にうつしてしまうリスクもあります。

それにより、行動が制限されているケースは多いです。

医師は、そのあたりのリスクを十分に知っているからこそ、「感染症診療をしたくない」というのは一人の人間としては当然の感情だと思います。

救急部の深刻な医師不足

大学病院で感染症診療に追われ疲れる救急部の医師

自分がかつて勤務していた大学病院で今も働く知り合いに聞いたのですが、今、特に救急部の医師不足が深刻のようです。

てぃむ

感染症診療の最前線にいるわけですから、それは納得です。

現状感染症が流行する前の1/3〜1/4にまで医師が減っているとのこと。

その中で病床数と患者数は増えていて、現場的には「正直これ大丈夫なの?」という状況のようです。あぁ恐ろしい。

病棟の一般床も感染症診療用のベッドに置換されていっている

感染症患者用のベッドになった一般床のベッド

こちらも先日耳にした話なのですが、病棟の一般床(感染症患者さん用のベッドではなかったベッド)も昨今の流行が抑えられない状況を受けて、どんどん感染症診療用のベッドに置換されていっているとのこと。

政府から増床の要請があるようでして…

これまでは、各科の医師が持ち回りで専用の病棟で診療をしていればよかったものが、それだけでは足りず、一般の病棟にまで回ってきたようです。

一般の病棟となれば、個室やスタッフの対応含め十分とはいえない部分もあるでしょうし、やはり怖さはありますね。

②感染症診療に終われ、専門分野の臨床が十分にできない

大学病院で感染症診療に追われ十分な臨床経験を積むことができない医師

感染症が蔓延するこのご時世、医師が大学をどんどんやめている理由の2つ目はこれです。

感染症診療に終われ、自分の専門領域の診療が全然できない、というケースです。

昨今流行している感染症の診療は(基本的には)一定の流れに沿って、決まったことをやるだけです。

診療すればするほど経験やスキルが積み上がっていくと感じやすい自分の専門分野の診療とは対照的です。

手術が激減しちゃったよ

と嘆いている外科の先生も多いですしね。

とある知り合いの女医さんなんかは、

感染症診療ばっかりで、全然自分の専門分野の診療ができていない。専門科のスキルアップのために大学にいるのに、何のために大学にいるのかわからない。

ってなっているそうです。

てぃむ

彼女が大学を辞める日は近そうですね。

③感染症の影響で、研究ができない、進まない

感染症診療に追われ研究を進めることができない大学院生の医師

これも理由としてはあるようです。

感染症診療に追われて、単純に時間や労力を研究に割けない、という場合もありますし、

感染症が流行していることにより、

研究を進めたくても種々の制限により進めづらい、という場合もあります。

これまた知り合いの先生は、研究ができないために大学院を辞めてました。

てぃむ

ズルズル大学に残るくらいなら決断は早いほうがいいと思います。

優秀な人から大学病院を辞めていく

大学病院を辞める優秀な医師

ただでさえ理不尽で無駄の多い大学病院ですが、そこに今回のような感染症診療による種々のストレスが加わった場合、医師がどんどん辞めていくのも無理はありません。

何だったら当然の帰結とも言えます。

てぃむ

傾向としては、大学を辞めても困らない、優秀なドクターから順番にどんどん辞めていっているな、と感じます。

まあ、いくらでも働ける場所があるなら、そっち行きますよね。

ってか、別に優秀とかそうでないとか関係なく、医療職って資格があれば割とどこでも働けるんだから、嫌な職場を去るのは合理的な行動であると思います。

感染症が流行する以前から

そもそも大学にいる必要ある?

って空気は若手の医師を中心にありましたが、そこに感染症の流行が追い討ちをかけた形ですね。

ちなみに、大学を辞めて転職した先の病院でも感染症の対応に追われることになって、

こんなはずじゃなかった…

ってなってた人もいるので、転職の際は事前のリサーチを入念にすることをおすすめします。

自ら進んで感染症診療をしている医師はどれだけいるの問題

大学病院に命令され嫌々感染症診療を行い疲弊している医師

思うに、今感染症診療に携わっているドクターのうち、自らの意思で積極的に感染症診療をしたいと思っているドクターはどれだけいるの、という話です。

私の体感ですが、知り合いのドクターらの話を聞いていても、大半は、

常勤先で対応するように言われたから対応している

というドクターです。

もちろん、中には自ら進んで感染症診療をしているドクターもいるとは思いますが、圧倒的少数でしょう。

これは、このご時世、大学を辞める医師が増えていることが証明しています。

まとめ

大学病院の内部

大学の医師が感染症診療に追われる昨今、医師が大学を辞める背景には、

①感染リスクが怖く、感染症診療をしたくない

②感染症診療に終われ、専門分野の臨床が十分にできない

③感染症の影響で、研究ができない、進まない

といった事情があります。

そして、現在もなお物凄い勢いで医師が大学を辞めていっています

本当は大学に居たくないんだけど、辞めるのもなあ…

と悩んでいるなら、損切りは早い方がいいと思います。

大学を辞める、ってことを現実的な選択肢として考えてみてもいいかもしれません。

てぃむ

人生は貴重です。

若い今の時間は二度と帰ってきません。

ちなみに、忙しかったり日々の診療により精神をすり減らしていたりすると、転職先の病院についてちゃんと調べたりする時間がなかったり、思考力が低下してたりするからご注意ください。

今すぐ転職するつもりじゃない方も、早いうちからちらほら求人を見ておくと、世に出ている求人条件の相場観が養われて、不利な条件での転職を防げる確率を上げられると思いますので、ご検討ください。

良い転職先を探すにあたって、上からおすすめ順に転職サイト(常勤&バイトも)を紹介してますので、よければどうぞ。

【医師のおすすめ転職サイト(常勤編)(上からおすすめ順)

てぃむ

常勤で求人を探す場合は、信頼できる少数のサイトに絞って(多くて3つくらい)探していくのがおすすめ。
たくさん登録しても全部見るのは正直大変なので。

医師の転職支援・アルバイト紹介サービス【DtoDコンシェルジュ】

「迷ったらここだけ見ておけ!」ってくらいおすすめ。

強みはシンプル。求人数と、エージェントの質(柔軟性提案力)。

てぃむ

転職サイトに求めるものって、極論ここだけですよね。
「どれか一つだけ選べ」って言われたら、自分は正直ここかなと。

このサイトにしか出ていない求人もあるので、正直ノーマークだった人もいるかもしれませんが、ここで求人探して損はないです。

医師転職のエムスリーキャリア

業界最大級で求人数がとにかく多い

車でいうトヨタ的存在。

てぃむ

自分が転職した時(&バイト探す時)はまずm3を見てた。

エージェントの質、サイトの操作性含めマジで非の打ち所がない。

敢えてデメリットを挙げるとすると、皆このサイト見てるから人気の求人には速攻応募殺到する、くらい。

Dr.転職なび

求人数含め総合力の高さはもちろん、Web面談や電話面談にも対応

常勤求人数14000件以上

医師一人に担当が2人付く

(専任エージェントは全員医療経営士保有)

というのも強み。

一般的な条件の各科の求人はもちろん、「週4可」「産業医」求人などもしっかり取り扱いあり。全国対応。

てぃむ

サイトの見やすさ、使いやすさも良い。

試しに「東京 一般内科」で検索かけると400件以上出てくるので求人数も申し分なし。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア

ぶっちゃけそれほど取り扱い求人数は多くないが、自分のペースで働きたい人向けの求人など、ニッチな求人に強い印象。

非常勤求人にも対応。

求人の紹介ってだいたいメールで1-2回紹介してきて、いいところがなかったらその後はむこうからはあまり紹介してくれなくなる、みたいなパターンが多いが、ここは暇だからなのかは知らないが、(希望すれば)エージェントがめげずに気長に求人を紹介してくれる。

てぃむ

時間があまりない、探すの面倒くさい、みたいな人におすすめ。

【医師のおすすめアルバイト(非常勤・スポット)紹介サイト(上からおすすめ順)

てぃむ

バイトは常勤の場合と違って、「数撃ちゃ当たる」で、できる限り多くのサイトで求人を探すと自分に合う案件に出逢える確率が高まります。
一つのサイトにしか求人を出さない医療機関はたくさんあるので。

医師の転職支援・アルバイト紹介サービス【DtoDコンシェルジュ】

つい最近まで知らなかったが、自分に合った求人が高確率で見つかる。おすすめ。

てぃむ

『こんな求人他のサイトにはなかったんだけど!』って何回なったことか。助かります。

サイトのデザインや操作性もシンプルで過不足なく心地よい。

医師アルバイト探しなら業界最大級のエムスリーキャリア

非常勤、アルバイト探しも盤石の業界最大級。さすが車でいうトヨタ。

てぃむ

自分もバイト探す時はまずはここで探してます。

求人数、豊富さともにトップクラス。

これまでm3には散々お世話になったが、サイトの操作性(市町村まで細かく指定できるのマジでイケてる)、エージェントの質など特に非の打ち所がない。

敢えて言うならメジャーなサイトなので人気の求人には応募が殺到する、ってことぐらいか。早い者勝ち。

実体験としてエージェントが基本即レスしてくれるのも心地良い。

豊富な非常勤、スポット勤務情報『民間医局』

常勤求人同様、求人数・質もバランス良く、重宝する。自分も良く利用する。

てぃむ

バイトをしたい後期研修医の先生は医賠責をここから申し込むとお得。自分もそうしてます。

医師バイトドットコム

正直エムスリーと甲乙つけがたい。

求人数も負けていない。

てぃむ

実は自分も後期研修中のある時までこのサイト知らなかったんですが、初めて見つけた時「もっと早くこのサイトと出会いたかった…」ってなりました。

医師転職ドットコム』や『40代50代60代の医師転職ドットコム』ならびに情報サイト『医師転職研究所』と同じ運営母体。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア

常勤の方でも紹介したが、正直求人数はそれほど多くはないものの、このサイト経由でしか求人出さないクリニックもあるのでおいしい求人を逃したくないならおすすめ。

リクルートなので知名度的にも安心感あり。

てぃむ

自分で使ってみた感想としては、エージェントがマメで定期非常勤とか良い所見つかるまで(希望すれば)気長に付き合ってくれるので好印象。

Dr.アルなび

「1日10万円以上」「通勤30分以内」「ゆったり当直」求人などもあってアツい。

てぃむ

求人情報の更新も頻繁で早い。

常勤、バイト(非常勤・スポット)ともに以下のページでも詳しく解説してます。

  • URLをコピーしました!
目次